--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.16

どうやら解決には至ってないらしく


下顎の位置を調節すれば顎の音が鳴らなくなったので、これを続けていけば顎関節症治るかも?

と思っていたのに、今日私がお世話になっている水天宮前にあるトルナーレデンタルクリニックの龍先生にそのことを報告したところ、先生は微妙な反応。

私は上顎に比べて下顎が小さいらしく、普通の人の噛み合わせは上の歯が下の歯にかかるくらいなのに、私の場合は下の歯が上の歯よりも5ミリくらい下がったところで噛み合わせている。

だから逆に下顎を前にずらした状態でキープするなんて「すごいね」と言われてしまった。

人前に出る仕事をしてきたので、普通の人より表情筋が発達してるってことなのかも。

でも下顎をずらした状態だと物がうまく噛めないので、食事をすると元の噛みあわせに戻ってしまう。

この1週間くらいどうしたもんかと思っていたけど、噛むってことは奥歯と奥歯が合わさらないとできないから、下顎が小さい私の場合、前歯に合わせるのではなく、やはり奥歯に合わせた深い噛みあわせが正しいってことらしい。
しかも私は歯の高さが凸凹で、噛み締めた時に全部の歯が合わさった状態にはならないんだって。
先生のところにある模型の骸骨君の上の歯。
こんな風に平らになるのが理想の歯並び

20080516225315


「前歯に合わせた噛み合わせが本当に調子がいいなら、変な話奥歯にかぶせ物をして噛み合わせができるようにはいくらでもできるよ。
でも顎関節症になった23歳では、歯の成長はほぼ完了してるから、もともとはその深い噛み合わせでも、顎は正常に開いてたはずなんだけどね」

う~ん、私はどうすればいいのでしょう?

とりあえず次回、噛み合わせを前歯に合わせた時と、奥歯に合わせた時、それぞれ顎の関節がどうなっているのかをレントゲンで撮ってみることになった。

次回行けるのが6月に入ってからになりますが、さてどうなるかはお楽しみに


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
20081124154221
泉なお 5月7日生まれ B型 *現レギュラー『デイリー武蔵野三鷹』月曜担当 『TAMAの元気印!』リポーター 『ホームタウン埼玉』準レギュラーMC
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日は何の日?
ブログパーツ 無料.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。