--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.14

藤原宮子レポート

宮子様レポート全文掲載しまーす



正直今までの人生、自分の思い通りに行かなかったことなど一つもなかった気がする。

軽皇子の夫人の話が決まった時も、特に驚きもなかった。

幼き頃から父上には、「お前はいずれ天皇の妃になるのだ」と言われ続けてきたからだ。
なのに夫人だなんて…。

世間では「家臣の娘が夫人だなんて!」と噂にも上っているが、あの妃達よりも私が劣っているというのだろうか?

ただ加茂家出身の母上は私を、縁のある高市皇太子様や穂積皇子様の下へと入内させたがっていらっしゃった。
それに対して父上は猛反対で、母上と時折口論になっていたのを覚えている。

父上は蘇我家と縁のある加茂家の女の母を、良くは思っていなかったはずだ。
壬申の乱で天武側が勝った折りに、藤原家はあくまで中立の立場であるということを示す為だけに、母と縁を結んだだけかも知れない。
父上はそういう方だ。


今思えば、父上は高市皇太子様が若くしてお亡くなりになることを予測していたようにさえ感じる。

そんな母上は一年前に病でお亡くなりになり、体裁上はあの三千代という女が私の母ということになった。

父上は母上よりも、あの三千代のことを愛しているのだろうか?

軽皇子の下へと入内する前は、そこいらの豪族から寝ぼけた文などをよくもらったものだが、そのような寝ぼけた文などに心を動かされるはずもなく、文の返事は侍女たちに書かせていた。
万葉集の歌のような恋など、本当に存在するのだろうか?

軽皇子様の下へ入内したあの日、軽皇子様はまるで暗記をしたような形式張ったお言葉を私に対して話された。そしてまた私も用意していた言葉をただ並べた。
傍から見れば小さき子供同士が雛遊びをしているような光景がおかしくて、思わずくすりと笑ってしまった。

そんな私を父上は訝しげに睨んだけれど、あのときの軽様の不思議そうな顔。
軽皇子様、あなたが私を何ともおもっていらっしゃらないように、私もまたあなたのことをなんとも思っていないのですよ。
そう、あなたと私は似た者同士なのですね。

宮中での生活は特に変わりばえもしなかったが、新しい侍女が増えた。
皇太子の夫人ということで、それなりに身分も高く教養もある者たちで、彼女らと話をしているのはとても楽しい。


そんな凪いだ海のような私の心にさざ波を起こしたのが、かぐやという采女だった。

立太子の宴での帝のあの態度。

私は始めて人が恋に落ちる瞬間を見てしまった。

帝、でもそれは許されないことです。
あなたはこの国を背負っている。
そしてまた私も藤原一族を背負っているのです。
あなたは私を愛し、私はあなたの子を産む。
そう決まっているのですから。

一体、この気持ちは何だろう?
私は、私を置いてあなたが楽しそうにしていることが許せない。
そして帝の寵愛を一身に受けながらも、どこか遠くをみているかぐやは絶対に許せない。

かぐや、愛する者がいるのであれば、好きにすれば良いではないか?
それができぬお前に同情などはしない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
20081124154221
泉なお 5月7日生まれ B型 *現レギュラー『デイリー武蔵野三鷹』月曜担当 『TAMAの元気印!』リポーター 『ホームタウン埼玉』準レギュラーMC
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今日は何の日?
ブログパーツ 無料.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。